ケミカルピーリングは、角質や角栓老廃物などを除去することで、皮膚の再生を促す治療法です。

ニキビの病院治療・ニキビ跡のピーリング治療とは

 

皮膚科で行われる、ニキビ治療にケミカルピーリングがあります。

 

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは、皮膚に酸性の薬剤を塗布し、角質や、角栓老廃物などを溶かして除去をします。皮膚の再生を促します。
ニキビ治療以外にも、シミなどの肌のトラブルにも用いられる治療法です。

 

ケミカルピーリングでは、フルーツ酸(AHA)を使用しますが、医師が肌の状態、肌の質などを見極めて薬剤を選び、濃度などの調整を行います。

 

一度の施術では終了せず、初めは2週間に1度の6回、約3か月行い、その後も、様子を見ながら行うため、治療には長期かかります。

 

ケミカルピーリングは、白ニキビ、黒ニキビ、炎症を起こしているニキビにも効果があります。
新たにニキビが出来にくくするという作用もあります。

 

ケミカルピーリングは肌のバリアー機能までも、取り除いてしまうため
治療中は、紫外線など刺激を避けるように注意が必要です。

 

日焼け止めを使う場合も、いつも使うものよりも、添加物などの刺激の少ないものを使用するようにします。

 

乾燥などにも注意し、保湿等の日ごろのお肌の手入れにも特に注意が必要です。
洗顔などを行う場合も、低刺激の石鹸を使うように心がけます。

 

ピーリング後の肌の再生を促すためには、食事内容にも注意し、生活も規則正しく睡眠不足には特に注意して新しく再生した肌の質の向上にも努めるようにしましょう。

 

 

エステサロンや、自宅で行うピーリングとの違い

ピーリングは、エステサロンや、ピーリング効果のある化粧品などもありますが
治療目的のピーリングに使うものとは酸の濃度が違い、医療機関では強い酸を使うことができますがそれ以外の場合は、使うことができません。

 

医療機関でも、ベテランの医師であれば、塗布の時間の見極めなども心得ていますが
そうでない場合には、不十分な場合もあり、口コミなどで、医療機関を良く見極めて選び
施術まえにも、よく相談をしてから行うようにしましょう。

 

医療機関で行う施術ですが、保険治療ではなく、また、完治するには期間も長くかかるので
費用なども良く調べておくようにしましょう。

 

レーザー治療についてはコチラ