ニキビは皮膚科の医師の正しい指導の下、治療を行うと、悪化を防ぐことができます。

ニキビの病院治療で処方される薬

 

ニキビの治療を医療機関で行うというケースは、日本では少ないのですが、ニキビは皮膚科の疾患の一つです。

 

医師の正しい指導の下、ニキビ治療を行うと、悪化を防ぐことができます。
ニキビ治療の皮膚科での治療とはどのような内容で、どのような薬が処方されるのでしょうか。

 

キビの皮膚科で処方される薬

ニキビ治療の主な内容は、クリームの様な外用薬を使うという方法です。

 

皮膚科で処方される薬は

抗生物質
  • アクアチムクリーム
  • アクアチムローション
  • ダラシンTゲル
  • ダラシンローション

 

ニキビの原因である、アクネ菌を殺菌する抗生物質の配合された、クリームやローションなどが使われます

 

その他の外用薬
  • ディフェリンゲル(アパダレン)
  • トレチノイン

ニキビの原因である、毛穴のつまりを取り除き、また詰まりにくくする作用があります。
出来てしまったニキビのみではなく、ニキビになる可能性のあるようなつまりも同時に取り除きニキビが出来にくくします。

 

内服薬抗生物質
  • ルリッド
  • クラリス
  • ミノマイシン
  • ビブラマイシン
  • バナン
  • セフゾン
  • フロモックス

ニキビの炎症が重度の場合に
マクロライド系、テトラサイクリン系の抗生物質の、経口内服薬を処方されます。

 

ホルモン剤
  • 低用量のピル
  • 抗男性ホルモン薬

ニキビの原因が、皮脂の過剰分泌の場合に処方されます。
ニキビの原因がホルモンの乱れなどから来るかどうかの判断は、医師が、基礎体温などから確認しホルモン療法で、ニキビの改善がみられることがあります。

 

ビタミン剤
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC

ビタミン不足が原因でのニキビに処方されます。

 

ニキビ治療の多くは、レーザー治療などでも、肌の再生が必要となり、新陳代謝を促すことを必要としているために治療の一環として処方されます。

 

 

ニキビ治療薬のメリット、デメリット

ニキビ治療を皮膚科で行うと、治りも早く、間違ったスキンケアなどをしないような指導もありますが、処方される抗生物質の内服薬を使い続けると、抗生物質には耐菌性ができることがあり、薬そのものが効かなくなることがあります。

 

前回は治ったのに、今回はダメということになる可能性もあります。
耐菌性ができないようにと、飲むことをやめた途端にまたニキビができるという場合もあります。

 

ひどくなった場合にのみ、抗生物質の内服薬は処方されるため、まず、ニキビが悪化しないうちに医療機関で治療をすることをお勧めします。

 

また、ニキビができないような、生活習慣、食事、などにも気を付け、洗顔方法なども正しい指導を医療機関で受け
スキンケアについても相談をして、ニキビができないようにすることが、まず大切です。