凹凸のニキビ痕は感知することは出来るのでしょうか

凹凸のニキビ痕は完治する事は可能?

 

凹凸のニキビ痕を治すことは可能かということを真剣に考えみてましょう。

 

凹凸のニキビ痕、つまりいわゆるクレーター状の陥没あとのことです。

 

芸能人ではブラックマヨネーズの吉田さんやくりーむしちゅーの上田さんなどがこのクレーター状のニキビ痕の被害者といえるでしょう。
女性にとってこのニキビ痕は非常に頭を悩ませるものでとても悲しいものです。

 

これは皮脂によって毛穴がつまり塞がってしまうことでアクネ菌が繁殖して炎症し、赤くはれ上がったあと最終段階としてその毛穴の中の壁が壊れるほど炎症が進み、凹凸のあるニキビ痕として残ってしまうことです。

 

このクレーター状のニキビ痕は、毛穴が破壊され、皮膚が元通りに再生できなくなってしまった結果なので元通りに治すことは実は不可能なのです。
女性にとっては非常に残酷な現実かもしれませんが、完治させるというのは現状では不可能なのです。

 

しかしアプローチによっては改善の余地もあるということは言明していおきたいところです。

 

クレーター状のニキビ痕は毛穴という皮膚組織が破壊されてしまった結果なので肌本来が持つ再生能力や修復能力を失った状態です。

 

その前提に立った方策を考えなくてはなりません。
主に現在の治療法としては、専門的皮膚科によるケミカルピーリングやレーザー照射などがあります。

 

さらに皮膚を移植したり、細胞を増殖させたりという方法があります。

 

ケミカルピーリングは薬剤などを塗布して肌の表面を削るものです。
古い角質を剥がして新しい皮膚の再生を促す効果もあります。

 

レーザー照射は肌に熱や刺激を与えて皮膚の再生を促すものです。

 

 

その他にも新しい先端医療の恩恵を受けられるものがあります。
クレーター状の完治が難しいニキビ痕に対して、ある程度の改善結果が得られるものなので押さえておきたい治療方法です。

 

凸凹になってしまったニキビ痕が目立たなくなるように、またこれからもさらなる治療方法が開発されることが期待されています。