ニキビの圧出治療とは、めんぼう圧出という方法で、ニキビの中の膿などを押し出す治療法です。

ニキビの病院治療・ニキビの圧出治療とは

 

ニキビ跡ができてしまう原因に、自分でニキビをつぶしてしまい、炎症を起こしてしまうということがあります。

 

病院で、ニキビを圧出してもらう圧出治療という方法があります。

 

ニキビの圧出治療とは

ニキビの中に詰まってる、膿などを出すのが、「めんぼう圧出」という方法で押し出すという方法で、特殊な器具を使い押し出します。

 

保険が適用される治療方法で、皮膚科で良く行われている方法です。
炎症のひどくなる前の、白ニキビの段階で行うと、効果的です。

 

皮膚を消毒したあと、ニキビの先端にレーザーなどで穴をあけ、特殊な器具を使い
医師により、膿、皮脂、産毛、古い角質を取り除きます。

 

 

ニキビ圧出治療の良い点

ニキビの圧出治療をすると、ニキビの治りが早くなります。
また炎症がひどくなることを避けることができます。

 

医療機関で、まず穴をあけますが、その際にレーザーを使用すると、同時に殺菌効果もあり、ニキビのアクネ菌も同時に殺菌することから、再発しにくくなります。

 

皮膚科で行う場合は、医師が肌の状態なども考えて
ごく小さい穴ではありますが、肌に傷をつける方法ですので、
専門家によって、行う方法が安心できる方法と言えます。

 

自分でつぶしてはダメな理由

自分でつぶしてしまう時は、穴をあけずに押し出してその際に、皮膚がダメージを受けてしまうことや、消毒などが不十分であることも多く、雑菌が入り炎症を起こしやすく、跡が残る可能性が多くなるので、自分では行わないように気を付けます。

 

ニキビができると、ついつい気になって、触ってしまう場合があり、うっかりつぶすということもあるので、触らないように気を付けましょう。

 

自分でもできそうな感じがしますが、肌の状況を見て、この方法が適当なのか、
レーザーなどの他の方法を使うべきかの判断は、専門家でないとわかりにくく、
この方法を自分でしたために、跡が残ってしまったという失敗談も良くあります。

 

跡が残る可能性もあるので、自分では行わないようにしましょう。

 

ニキビができなくなるように

この方法でニキビが再発しないのは、その毛穴のみで、肌には毛穴は、数えきれないほどにあるため、あくまでも、出来てしまったニキビを治す方法であるため、まず、ニキビができないような肌作りをしましょう。