ニキビ用美肌効果のあるサプリで身体の内側から、肌の再生を促しましょう。

ニキビ跡を治したい時の化粧品選び

 

ニキビが治っても、跡が残ってしまったときには、その改善効果のある化粧品でお手入れをするようにすることで、改善効果が表れます。

 

どのような点に注意して選べばよいでしょうか。

 

 

ニキビ跡を治したい時の化粧品選びのポイント

 

茶色のシミになったニキビ跡

メラニンの色素沈着で、ニキビの跡が茶色っぽくなります。
美白効果の含まれた、化粧品などを選ぶようにします。

 

美白効果のある成分の例として、
ビタミンC誘導体の配合された、ニキビ肌用の化粧品が手に入ります。
美白成分配合の化粧品は、化粧水、美容液、乳液、クリーム、美白パックなど、いろいろなものが手に入ります。

 

赤いニキビ跡

赤いニキビ跡は、ニキビが軽い炎症を起こしてしまったときに起こります。
まず古い角質などを取り除く、フルーツ酸配合のピーリング効果のあるものを選び、
そのその後新陳代謝を促すような成分の入っているものを使い、肌の再生を行います。

 

ピーリング効果のある化粧品には、洗顔料、化粧水、ジェルなどがあります。
早く治りたいからと、洗顔をしすぎると、ピーリングのし過ぎで、肌にダメージを与えることもあるので使用方法には気を付けます。
医療機関で治療をしていた場合には、医師にどのような化粧品が良いか相談をされるとよいでしょう。

 

化粧品と同時に、食事内容にも気を付けて、肌の再生を促すように、ビタミン不足には気をつけます。また、新陳代謝を促すような運動などの生活習慣にも気を付けるようにします。

 

クレーター、しこりなど、のニキビ跡

ニキビの炎症が真皮にまで至っており、ダメージもかなりひどい時には
クレーターとなって残ってしまいます。
完治するには、自宅での化粧品では難しいので、まず医療機関による治療を行い
レーザー治療などを行ってその後のお肌の手入れに気を付ける化粧品を選びます。

 

治療中は、肌にダメージの出来るだけ少ない、無添加のものを選び
普段使っていても大丈夫なものでも、ピーリング治療中には、肌に刺激が強いこともあるので
注意して選ぶ必要があります。

 

ピーリング治療ではもともとある、バリアー機能が、治療によって取り除かれており
紫外線による日焼けなどにも注意し、日焼け止めなども刺激のないもので、
日傘を使うなど紫外線対策もするように気を付けます。

 

 

ニキビ用美肌効果のあるサプリ等を上手に取り入れる

日頃のお手入れの化粧品と共に、内側から、肌の再生を促すような
栄養成分の含まれた、ニキビ肌に良いという、サプリ、ドリンクなども手に入ります。

 

ニキビは食事内容で改善が可能ですので、そのお手伝いにサプリ等を用いるとよいでしょう。