ニキビ痕に効果がある!?ビタミンC誘導体の正体

ニキビ痕とビタミンc誘導体の効果性

 

ニキビ痕の治療によく使用される成分が、ビタミンc誘導体ですね。

 

ビタミンCが肌に良いということは、多くの人が知っていると思いますが、実はそのままの形のビタミンCは、肌にはとっても吸収されにくいんです。

 

そんなビタミンCを、肌に吸収されやすい形にしたのが、ビタミンc誘導体です。
抗酸化作用が強く、肌の奥に浸透して様々な美肌効果をもたらします。
その、ビタミンC誘導体の美肌効果の1つが、ニキビ痕対策なんですね。

 

ビタミンC誘導体の臨床試験の結果では、ニキビ痕の赤み、色素沈着や、窪んだ状態などに効果が発揮されるということが分かっています
メラニンの生成を抑制してくれる効果もあるので、ニキビ痕以外のシミにも効果的です。
美白効果があり、ニキビ痕・シミを効果的にケアして、美しい素肌に導いてくれます。

 

さらに、皮脂分泌の抑制やコラーゲン生成の促進などといった美肌効果も報告されているので、美肌作りには欠かせない成分ともいえますね。
ビタミンC誘導体は、そのニキビ痕への効果の高さから、ニキビ対策であるケミカルピーリングを行った後にもよく使用されているほどです。

 

これだけのニキビ痕とニキビに対する効果が実証されているビタミンC誘導体ですが、ホームケアではどのようにして取り入れればよいのでしょうか?
実は、ビタミンC誘導体を毎日のスキンケアに取り入れるのは、それほど難しいことではありません。
多くの化粧品メーカーが、その美肌効果の高さに着目し、ビタミンc誘導体を配合したスキンケアアイテムを発売しています

 

そのようなスキンケアアイテムを上手に活用し、悩めるニキビ痕に積極的に対処していきましょう。

 

即効性のある薬とは違いますが、だんだんとニキビ痕が薄くなるのを実感できますよ。