セルフでできるニキビの痕を目立たなくさせるテクニックを掲載します!

ニキビが痕になってしまう原因とは?

 

ブツブツのニキビよりも治りにくく、やっかいな肌悩みといえば「ニキビ痕」ですよね。
そんなニキビ痕ができてしまう原因は、ニキビへの対処法にあります。

 

ニキビが出来たとき、できるだけそのニキビに刺激を与えることなく、適切なスキンケアを行えば、ニキビ痕は残らずキレイに治ります。

 

しかし、ニキビが気になって何度も触って炎症を起こしてしまったり、芯を出そうと無理やり潰してしまったりすると、ニキビ痕として残ってしまうのです。

 

また、ニキビがお肌にある状態で紫外線を浴びることも色素沈着を起こしてニキビ痕を引き起こす原因となります。

 

それから、思春期にできるニキビよりも、どちらかというと大人になってからできるニキビの方がニキビ痕が残ってしまいやすい傾向があります。

 

これは、年齢を重ねるに連れて、肌のターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりの周期が乱れていってしまうためです。

 

通常は28日周期で生まれ変わる肌が、ターンオーバーが乱れることによって長い間生まれ変わることなく、古い角質が溜まった状態になっていると、ニキビ痕も薄くなっていきません。

 

年齢を重ねるほどに、シミなどの肌悩みも表れやすくなるのは、このターンオーバーの乱れが原因です。

 

このように、ニキビ痕ができるのには様々な原因が絡んでいます。

 

ニキビができてしまっても、触らないようにし、キレイな肌の状態を蘇らせることができるように適切な対処で治療しましょう。

 

肌を清潔に保ち、潤いを与えて健康な状態にすることで、肌のターンオーバーを促すことも大切です。

 

出来てしまったニキビ痕を消すのには、非常に時間がかかります。
ニキビ痕の原因を取り除き、「作らない努力」をすることが重要です。

 

ニキビの注射治療とは一体何?

 

ニキビの痕を目立たなくするメイク術

 

お肌にニキビ痕があると、それだけで顔の印象が大きく変わってしまいますよね。
やっぱりお肌は、ぶつぶつもシミもニキビ痕も何も無い、つるつるの状態に見せたいものです。

 

出来てしまったニキビの痕を消すのは、容易なことではありません。
そこで活躍するのが、メイクですね。

 

メイクでニキビの痕をカバーすることで、ニキビ痕を目立たなくすることが可能なんです。

 

 

ニキビ痕を目立たなくするメイク法

 

まず、メイクの下地にパールの入ったものを使用します。
これだけでツヤのある肌に仕上がり、美しく見えるようになります。

 

さらに、下地をしっかり肌全体に塗ったら、次はコンシーラーで本格的にニキビ痕を隠していきます。

 

リキッドタイプのコンシーラーは、厚塗り感がでにくいのでお勧めです。

 

コンシーラーをニキビ痕にちょんちょんと付けて、ポンポンと指の腹で叩き、周囲の肌色と馴染めばOKです。

 

その上からファンデーションを塗ります。

 

このとき、ファンデーションは薄塗りになるようにしましょう。

 

ファンデーションを厚塗りすることでニキビ痕を目立たなくしようとすると、どうしても「厚化粧」になり、不自然な仕上がりになります。

 

また、厚塗りしたファンデーションは崩れやすく、ニキビ痕を隠すつもりが、かえって酷い状態になってしまうこともあるのです。

 

メイクでニキビ痕を目立たなくするためには、ベースから丁寧に仕上げていくことが大切です。下地とコンシーラーを上手に活用して、ニキビ痕をカバーし、自信を持てる肌に仕上げましょう。

 

 

この方法は、顔だけでなく、背中やデコルテにも応用できます!
化粧を落とす時はきちんとニキビ痕を作らない為の洗顔方法で洗顔しましょう。

 

 

 

東京にお住まいで鍵のことでお困りの方は、下記サイトをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

鍵開けトラブルはこちら